お金を借りるのに必要な審査の流れ

お札のイメージ

お金を借りる時に、必ずパスしなければならないハードルとして立ちはだかるのが審査です。

 

貸した金額に対する返済能力を持ち合わせている人物なのか?を確認する為のものです。

 

カードローンを申し込んだとしても審査に落とされてしまうと融資は1円もされません。そのため、最も大切なハードルです。

 

ここからは、企業秘密ともいえる審査について解説するので参考にして下さい。

 

今のカードローン審査では、スコアリングシステムで申込者の返済力をジャッジしていきます。

 

どのような内容なのかと言うと、申込者の年収や職業(勤続年数も重要です)、賃貸か持ち家かという住居情報などをスコアとして表現するもので、その結果をこれまでの顧客データと照らし合わせて融資しても問題ない人物かを半自動的に短時間で判別するシステムです。

 

この方式を用いることで、申込をして30分で審査結果が出る時間短縮効果だけではなく審査通過の明確なボーダーラインができたので、利便性が向上しカードローン人口も増加しました。

 

そのスコアリングに通過した後は、他社からのカードローン状況をチェックされます。

 

カードローン会社が加盟している信用情報機関のデータをチェックし、今どういった債務情況の人なのか、返済時における様々なトラブル(債務整理や返済遅延等)の有無をチェックします。

 

そして、これには総量規制に当てはまっていないかを確認するという狙いもあります。

 

総量規制は自分の年収の1/3以上の借入は禁止しますよ、という法律で多重債務者を抑制するこの総量規制の狙いです。

 

しかしこの総量規制に当てはまるのはクレジットカード会社と消費者金融からのカードローン額のみです。クレジットカードを利用した商品購入や、その他の一般的なローンは勘案されることはありません。

 

あくまで貸金業法の範疇なので、銀行からの融資に関しては無関係となります。

 

このようなハードルをクリアしていくと、在籍確認という最終関門に突入します。

 

在籍確認いついて完結に解説すると、申込者が本当に会社に勤めているかを実際に電話をかけて確かめるものです。必ず金融会社名ではなく、個人の苗字を名乗って電話がかかってくるのでカードローンをした事がばれるような危険はありません。

 

このときにたまたま席を外していたとしてもその会社に在籍している事実が確認できればそれで問題ありません。概ねどの金融会社でも、こうしたハードルをクリアすれば指定した口座にお金を振り込んでもらえます。

 

カードローン会社によっては多少違う点もありますが、殆どの場合でこうやって審査が行われます。頭に入れておけば金欠になっても慌てることはありません。

 

お金を借りる時に優先すべきこと

支出のイメージ

一般的にお金を借りる際は、銀行系か消費者金融系かの2種類のカードローンに分けられます。

 

銀行系は低金利だけど審査が厳しい(=時間が掛かる)、消費者金融系は金利は高めだけど審査が早い、という相反する特徴があります。

 

100万円を超えるような一気に高額の借り入れを申し込みたいときには、金利は意識すべき内容です。

 

多くのお金を借りるなら数パーセントの金利の違いで支払わねばならない利息の金額が大きな差となるからです。

 

一方、借入金額が数十万円で済むケースや当日中の融資が希望なのであれば、金利は銀行系よりもやや高いですが審査速度が優れている消費者金融を選択するべきです。

 

その時々の理由や借入額によって銀行系か消費者金融系かを選択しましょう。

 

融資されたお金の受け取り方は、銀行口座へ振り込んでもらうかATM(無人契約機)から受け取る2つから選べます

 

口座への振込みの場合、インターネット銀行の口座ならば夜でも入金が口座に反映されるのですが、通常の銀行口座の場合はその時間帯によって入金がずれ込みます。振込を夕方に行ってもらった場合、実際に入金手続きが済むのは困ったことに翌営業日となります。

 

そのため夕方以降に即日融資を受けたければ町中で見かける無人契約機を使うのが必須です。オンラインで申し込みをした後自動契約機のところで手続きを完了させると、その場でカードも発行でき現金を貸してもらえます。

 

50万円以下の融資であれば収入証明書がいらないので、面倒な手続きもなく融資が受けられます。このやり方であれば外出しているときに突然お金が必要になったとき、時間が遅く銀行振り込みができなくてもお金を借りることができます。

 

まずはネットで申し込み、キャッシングカードの受け取りを自動契約機で行う最短で借り入れができます。アコムやアイフルなど大手消費者金融であれば、店舗が閉まっている時間帯でも自動契約機で借り入れできます。

 

夕方より後になって今日中に借り入れをしたいなら、ネット申し込みをしてから近くの無人機へ行きましょう。

 

お金を借りたら次は返済が大事

財布を持っている女性のイメージ

お金を初めて借りる方は、返済についての知識も知っておかないといけません。

 

キャッシングは割と簡単にできますが、大切なのは返済です。トラブルにならない為にも、基本的な返済についての知識を確かめておきましょう。

 

主な大手キャッシング会社の場合、銀行からの引き落としやATMでの入金での返済法が選べるのが普通です。

 

方法は何にせよ毎月設定された返済日に定められた返済最少額を返さなければいけません。

 

ですが余分な利息を払わなくて済むよう、繰上げ返済ができることを知らない人は意外と多いです。

 

元金の残高が少しでも減れば最終的に負担する利息の額を減らす効果があるんです。ほとんどのキャッシング会社で繰り上げ返済ができるようになっています。

 

また、そのときに忘れてはならないのが振り込み手数料です。

 

これについてはそれぞれの会社で事情が異なるところなので、あらかじめ公式サイトで確認しておきましょう。

 

 

返済の入金が間に合わなかったらどうなるの?

1日でも返済が遅れたら怖ろしい取り立て屋が自宅や会社に押しかけてくるのではないかと心配かもしれませんが、法律を守って融資をおこなっている会社はそんなことはしません。

 

最初は金融業者のサービスセンターから電話があるはずです。

 

「ご入金が確認できませんでしたのでご連絡しました。」という調子で、サービスセンターの人からソフトな感じでの連絡が来ますが、この電話は無視していても何度でもかかってきます。

 

それでも電話確認ができない状態が続くと、職場に電話があったり家へ催促状が送られてきたりします。

 

その前に、返済日に指定の金額がどうしても用意できないのならこちらの方からどんなスケジュールなら返済できるか相談してみましょう。

 

業者側も貸し倒れになられると困るので、返す意志がある人には相談に乗ってくれるかもしれません。

 

何日か過ぎてしまった程度であれば特別大変なことになるわけではありませんが、遅延損害金は発生する事は押さえておきましょう。

 

一般的にほとんどのキャッシング会社で、年率20.0%程で割り出された額が返済期日を過ぎた分、日割りで加算されます。

 

しかし一般的に2〜3ヶ月以上の滞納になると信用情報機関で金融事故として登録されてしまいます。これがいわゆるブラックリストです。

 

この状態では信用情報を参照するローンなどは申込みしてもまずおりません。

 

また、クレジットカードを作る際にも審査では信用情報機関のデータを調べられるので、もちろん審査を通らずクレジットカードを持てません。

 

この事故情報が消えるまでの期間については、それぞれの信用情報機関にもよりますが普通は返済遅延では5年間です。